絵本de子育て

素人絵本作家の子育て&絵本制作奮闘記

*

絵本制作体験記 第2作目 〜パソコン(GIMP)での色塗りに挑戦しました〜

   

GIMP前回、第1作目の絵本制作は色鉛筆で原画を仕上げた後にパソコンに取り込んで製本を行いました。しかし、結果は・・・原画の色が再現できないことが分かりました(T_T) 色々調べ
た結果、色鉛筆とスキャナーは相性が悪いらしく、素人ではどうしても色が薄くなってしまうとのことです。残念・・・(´・ω・`)

最近、パソコンで色を塗っている絵本が増えてきています。修正も効きやすく、電子書籍化にも対応しやすいですからね〜
こちらにパソコンでの色塗りの参考になる絵本を集めています。是非参考にしてください。

ということで、第2作目はパソコンでの色塗りに挑戦したいと思います。

 

ペイントソフトの選択

パソコンで色を塗るときにはペイントソフトを使います。様々なソフトがありますが、代表的なものは以下のとおり

有料ソフト
無料ソフト
  • GIMP(ギンプ)
    多機能の画像編集ソフト。Photoshopと使い方が似ている。色塗りのほかに画像編集もできるが動作が重いのが難点
  • MediBang Paint(メディバンペイント)
    お絵描き、色塗りに特化したフリーソフト。動作も軽く、クラウド機能が充実している

高価なソフトを買っても使いこなせるか分からないし、途中で辞めたらもったいないので私はGIMP(ギンプ)を使うことにしました。理由は色塗り以外に、子どもの写真加工などもできるようになるかもしれないと思ったからです。

実際にGIMPを使ってみて正解でした。機能もこれで十分だし(というか全然使いこなせていない・・)特に塗りつぶすときの「しきい値」選択がとても便利です。詳細は後ほど紹介します。

 

GIMPのインストール

まずはGIMPの公式サイトにアクセスします。

→GIMP ダウンロードサイト

以下の場所からファイルをダウンロードしてください。

GIMPダウンロード画面ダウンロードが出来たら、インストール画面に従ってインストールを完了させます。

 

キャラクターを塗る

GIMPはとても多機能なソフトですが、これから紹介する3つのツールさえ覚えておけば色は塗れます。まずは色々なツールを覚えるよりとりあえず塗ってみましょう!

色を塗るときの流れとしては、
1.対象範囲を選択 → 2.色を決める → 3.塗りつぶす
たったこれだけです。これをひたすら繰り返していきます。

ファイルを開く画面

色を塗る前にまずは、スキャンした線画を読み込みます。
ファイル ー 開く/インポート を選択し、画像を読み込む

 

ファジー選択ツール

ファジー選択ツール

塗りつぶしたい範囲を選択するときに使用します。
クリックしたところと同じ色で囲まれた部分を判定して選択された状態にします。

私はいつも赤枠で囲まれた設定に変更して使用しています。
・見えている色で → チェックをつける
・しきい値    → 40.0くらい

しきい値とは最大の色の差のことで、この値を大きくすると多少汚れなどがあっても選択した色と同じとみなして選択することができます。
紙に描いた絵をスキャンするとどうしても真っ白にならず汚れや影ができるため、この機能はとても便利です。

 

描画色 背景色の選択

色の選択

描画色は画像の赤色の部分をクリックして選択します。後は好きな色を選べばいいのですが、はじめのうちはいい感じの色を選ぶのがとても難しいです。

自分の好きなパレットを入れたら色塗りがとても便利になりますのでパレットを入れることをオススメします。
パレットについては以下のサイトに詳しく説明がありますので参考にしてください。

→GIMP でお絵描き|パレット

 

塗りつぶしツール

塗りつぶしツール

選択した範囲内を塗りつぶすときに使用します。
赤枠の塗りつぶす範囲で「選択範囲」にチェックを入れた状態なら、ファジー選択ツールなどで選択された範囲内を塗りつぶします。

「類似色領域」にチェックを入れた状態なら、ファジー選択ツールと塗りつぶしツールを同時に使うような感じになります。
そのときのしきい値などの設定の効果はファジー選択ツールと同様です。
私が色塗りするときは、まず「類似色領域」にチェックを入れた状態で塗れるところは全て塗り、細かなところは「選択範囲」にチェックを入れた状態でファジー選択ツールと併用して塗っていきます。

 

Check!! 〜レイヤーについて〜

レイヤー設定例私がパソコンで塗り始めた頃、このレイヤーが一番分かりにくかったので少し解説します。レイヤーというのは重なりあった層のことで、塗った色を重ねあわせることができます。
窓ガラス越しの風景を塗るときを例に説明すると

  • レイヤーは一番上 窓ガラスの手前の家の中の物を塗る
  • レイヤーは真ん中 窓ガラスを塗る
  • レイヤーは一番下 窓ガラスの奥の外の風景を塗る

このようにレイヤーは手前のものを上に、奥のものを下に配置します。
私は塗るときはいつも、図のようなレイヤーに設定して色塗りをしていきます。一番上の線画はモードを「乗算」に設定します。乗算モードにすると白色の部分が透けるので線画と色塗りのレイヤーを分けることができます。
レイヤーを分けて塗ることで後から修正が効きやすく、応用も効きます。

 

背景を塗る

色塗りレイヤーでキャラクターを塗り終えたら、次は背景を塗っていきます。
背景の色は全体の雰囲気に影響を与え、微調整をすることが多いので最後に塗ったほうが手直しが少ないです。

基本的に塗り方はキャラクターの塗り方と同じですが、背景は細かな部分が多いのでどこから手を付ければいいのか分からなくなります。ですので同じような色のところはまず同じ色で塗っていき、後から細かな部分を着色していく方が塗りやすいと思います。

私も背景はどうやって塗るか分からなかったので以下のサイトを参考にしました。(とてもハイレベルですが・・・)

→ちょっぴり複雑な背景(風景)の描き方講座 ~塗り方編~

Check!! 〜影の塗り方について〜

カラーパレット

影をつける場合は新しく影専用のレイヤーを追加して塗っていく方法がオススメです。そのときに影専用のレイヤーのモードは「乗算」にします。
そしてブラシツールで図のような色(#D5C6C6)で塗っていけば、影っぽい色になります。
レイヤーを分けて乗算モードで塗ると、この一色でどんな色の影でも塗れてしまうので簡単&ビックリします。もちろんレイヤーを分けることで修正も効きやすいです。

 

最後に

今までGIMPを使った色塗りの方法を紹介してきましたが、ほんの少しのツールを使うだけで色塗りが出来てしまいます!意外と簡単だと思いませんか?
最初はとっつきにくいかもしれませんが、1冊塗り終えた頃には慣れてきて他の機能もどんどん使いたくなってくるかもしれませんね。

なのでまずは、塗ってみることをオススメします。パソコンで色塗りすると簡単に電子書籍化が出来ますので今度は電子書籍化の方法についても紹介したいと思っています。

 

完成した作品はこちら

おばけのおんがえしおばけのおんがえし

作 者:コージ
発売日:2015年9月9日
メディア:Kindle版

 - 絵本制作体験記 ,